ぎっくり腰の際、病院に行くべきケースについて

腰痛と関係の深い疾患といえば、椎間板ヘルニア・坐骨神経の痛み・脊柱管狭窄・ 脊椎分離症など。これらの疾患がぎっくり腰の際にも併発していることが ごくまれにあります。

ですから、単純なぎっくり腰ではないと疑われる場合、まず病院で 診察をうけ、レントゲンで確認すべきでしょう。

単純なぎっくり腰ではない場合、普通のぎっくり腰にみられる

  • かがんだ姿勢(顔を洗う姿勢)がつらい
  • 椅子から立ち上がるのがつらい
  • 立ったとき背中を伸ばせない
  • 靴下がはけない(腰をまげられない)
  • 座っていると痛い
  • 歩くと痛い
  • 寝返りをうつのが痛い

といった症状にプラスして、

  • 寝ている状態でも痛い
  • 足がしびれている
  • 片方の足の指に力が入らない
  • 全身的な発熱がある

などの症状があることが多いようです。

実際にはこれらの症状があっても一過性のもので、ぎっくり腰への処置を行うことでなくなるのが普通です。

それでも、一般的なぎっくり腰よりも、当整骨院での施術回数が多くなる傾向があります。

ご自身の症状がただのぎっくり腰ではないと思われたら、まず整形外科やペインクリニックを受診されるといいでしょう。

ぎっくり腰について

ページの先頭へ