足底腱膜炎について

ページ内の目次

足底腱膜をとりまく構造

足底

足底腱膜周囲の構造は図の通りです。

足部は単に地面に接地して体重を支えるだけでなく、接地の際の衝撃をうまく緩和して、脳が振動にさらされにくいようにする働きがあります。

衝撃をうまく吸収するために足部には3つのアーチがあります。

そのうち、縦に走るアーチを支えるためにあるのが足底腱膜です。

縦に走るアーチというのは、いわゆる「土ふまず」のことです。

炎症の起こるメカニズム

足底腱膜に炎症が起きるときというのはだいたいパターンが決まっていて、それは「過剰に引っ張られた時」です。

足部が地面を蹴るとき、かかとが地面から浮いて、足部の前の部分である「指の根本から先」だけが地面に接地している状態になります。

そのとき足底腱膜は伸展(アーチが広がってまっすぐに近ずく)した状態になります。

つまり、引っ張られた状態になります。

でも通常はそんなことで炎症がおきたりはしませんね。

炎症が起きるときは

  • ふくらはぎの筋肉の緊張が強くて、その延長にあるアキレス腱がかかとを引っ張りすぎる
  • かかとの骨が正常な動きをできない状態になっていて、過剰に足底腱膜に負担が掛かる

といった問題が生じていて、足底腱膜を損傷させる原因になっています。

足底腱膜炎の原因

ふくらはぎの筋肉が過度に緊張するケースでは、腎臓・膀胱の疲労から生じているケースが最も多いと当院では考えています。

ふくらはぎの筋肉は腎臓・膀胱と関わりが大きいため、それらの臓器に疲労が蓄積するとそれだけで筋緊張が強くなってしまうのです。

かかとの骨が正常な動きをできなくなるのは、他の骨との関節がうまく動いていないからか、もしくはかかとへの直接的な衝撃により、かかとの骨自体の柔軟性が失われているからです。

ですから、腎臓・膀胱の疲労とかかとの骨の不具合が原因と考えられます。

足底腱膜炎への当院のアプローチ

当院では足底腱膜炎へのアプローチとして、腎臓・膀胱のケアとかかとの骨の不具合の調整をします。

場合により、足部の細かな骨の調整が必要になることもあります。

腱膜炎と間違われやすい症状

足部には、アーチを構成する細長い骨や、サイコロに近いような形の小さな骨などが密集していて、とてもたくさんの関節を形成しています。

たくさんあるこの関節のどこかがうまく動かなくなったり、骨自体に不具合が生じたりすれば、痛みがでてしまうことがあります。

症状から考えれば「関節炎」といったようなものですが、腱膜炎と判別がつきにくいケースもあります。

当整骨院では、足部の骨格全てを検査するので、腱膜炎であってもなくても、特に問題になることはありません。

ページの先頭へ