下痢と腰痛の関係

お問い合わせの多いテーマのようですので、ひとつページを設けました。 「腰痛と下痢って関係あるんですか?」と聞かれたら、 「もちろんあります」というのが当整骨院の回答です。

胃腸とお腹周りの筋肉

下痢の原因はたくさんありますが、慢性的な下痢の場合、根本的な原因として胃腸の 機能不足が大きく関わっていると考えられます。

もっと分かりやすく言うと、生まれつき胃腸が丈夫ではないと言うことです。


時々下痢になる方の場合には、食事の際に摂取した微生物を排出するために起きていることもあるので、その場合はそれほど胃腸が弱くないこともあります。

筋肉学(キネシオロジー)によると、腹筋をはじめお腹周りの多くの筋肉が胃や腸と密接な関係をもっています

この関係性は、例えば小腸に不調が生じると腹筋の働きがそれに伴って低下する、といったものです。

では、胃腸と関係のない筋肉はどうなるでしょうか。

たとえば背筋は膀胱との深い関係があるので、胃腸が弱ってもそれほど影響をうけません。

つまり体を支える筋肉のうち、働きを落としてしまう筋肉とそうでもない筋肉とができてしまうということになります。

このような状況になると、体を支える筋肉のバランスが崩れ、結果的にどこかが痛くなります。


こういった機序により、胃腸の機能低下が下痢を引き起こし、また腰痛をも引き起こすことが分かります。

慢性の下痢に対しては、ランニングやウォーキング、腹式呼吸が最も簡単な解決方法かと思われますが、なかなか長続きしないことが多いため、当整骨院では別の方法で対処しています。

ぎっくり腰について

ページの先頭へ