足首・手首の捻挫について

足首や手首を捻挫した時の適切な処置とは

「骨や関節をできるだけ元の状態に戻す」

ことであって、シップを貼ったり固定したりすることではありません。

ですから当院では、シップや固定はせず、ただ骨格の調整を行います。

捻挫で腫れがひどい場合、痛みが強くても仕方がないと思われがちですが、 実際には骨格が上手く調整されればそれだけで痛みは大きく減ってしまいます。

効果の大きい骨格の調整ですが、整骨院でもそのような対処をしている ところはとても少ないのが現状です。

なぜなら、手首や足首の関節の構造がとても複雑で、一つ一つの 骨も小さいため、調整には他のどこの関節よりも高い技術が必要だからです。

捻挫の痛みが数日経ってなくなった場合でも、関節の機能が完全には 回復していないことが良くあります。

特に足首の場合は全身の土台となって働いているので、足首の機能不全が 腰痛や膝の痛みの原因になっているケースはよく見受けられます。

速やかな回復が見られない場合には、後々のことも考えて一度調整することを 強くお勧めしています。

ページの先頭へ