首・肩の痛みには頭蓋骨も調整

首のつらさがあるとき、どこを治せばいいでしょうか?

もちろん首へ施術してつらさがなくなると一番簡単ですね。

でも、その方法では上手く改善してくれない場合もあります。

そんなときはどうすれば良いでしょう。

当整骨院ではまず、首は背骨の一部であるという認識から、背骨全体の動きを改善させます。

そのためには骨盤と頭蓋骨も調節する必要があります。

なぜなら、背骨は頭蓋骨と骨盤に挟まれた関係にあるからです。

当整骨院の頭蓋骨の調整方法

頭蓋骨の写真

上は頭蓋骨の写真です。骨ごとに色分けされています。

違う色との境界を「縫合」と呼んでいます。

縫合は固定されたつなぎ目ではなく、隣り合った骨同士がわずかですが位置関係を変えながら周期的な動きをするための「関節」のような働きがあります。

この縫合の動きが悪くなることは頭蓋骨の状態の悪化を意味します。

ですから、この縫合をゆるめることが頭蓋骨の調整になります。

この頭蓋骨と、骨盤、背骨の調整をすることで、高い確率で首の症状を改善させることができます。

首は頭蓋骨に近いので、骨盤よりも頭蓋骨の状態により大きく首の調子が左右されることが多いようです。

ページの先頭へ