腱鞘炎の予防法・対処法

腱鞘炎の予防や痛くなった場合の対処として、「使わないようにしてください」 と言われる場合が多いのではないでしょうか。

確かにそれが最も確実な予防・対処だと思われます。しかし、実際にはそんな対処は不可能です。家事や仕事は待ってくれません。

そこで、別の方法を考えなくてはいけません。

予防法・対処法 1

原因のところでも書いたのですが、腱鞘炎の原因の一つは背中の筋肉のこりにあると思われます。

ですから、作業をするときにできるだけ良い姿勢で取り組むことが予防につながると思われます。

背中のこりは、内臓が疲れているときに起こりやすくなるので、食べ過ぎや睡眠不足を改善ることも予防になるでしょう。

予防法・対処法 2

手を使う前後にストレッチをしましょう。

ストレッチをいつもやっていると筋肉の調子がよく分かるようになります。

特に緊張が強いときに丁寧にストレッチするようにすれば、発症をおさえる大きな力になります。

効果の高いストレッチは次のとおりです。
  • 肘を曲げた状態で、できるかぎり大きく後ろに引く
  • 肘の位置を変えないようにしながら、肘を完全にの伸ばす
  • すると、腕の内側の筋肉が引き延ばさ、ストレッチされます

ここまで読んでみて、意外に思うが多いのではないでしょうか。

なぜ、肘から手首までの筋肉をストレッチしないのか。

もちろんそれも効果はあるのですが、上記の方法はもっと効果が実感できます。

一度試してみてください。

予防法・対処法 3

腱鞘炎バンドを活用してみましょう。

腱鞘炎バンドを使うときのこつは、ときどきはめる位置をずらしていくことです。 意外な位置で楽になることもあるかもしれません。

腱鞘炎バンドが効くかどうか買う前に試したい場合は、伸縮性のないテーピングを 買って、肘周辺や手首周辺などに巻いてみましょう。

腱鞘炎について

ページの先頭へ