簡単に治る坐骨神経の痛みもある?

坐骨神経の痛みは坐骨神経に沿って痛みやしびれがでるもので、坐骨神経の神経根(神経が背骨から出てくるところ)が圧迫されて引きこそされる、というのが一般的な定義です。

何によって神経根が圧迫されるかというと、椎間板ヘルニアによる椎間板の髄核(髄核はおまんじゅうでいうあんこの部分)や椎骨の変形によるものなどです。

これらの圧迫が本当の原因だとすれば、鍼灸や整体での施術をもってしても容易に改善できるとは考えられませんが、実際の施術では改善率がとても高い疾患であることは間違いありません。

それが坐骨神経の痛みの不思議です。

お尻の筋肉をゆるめると効果大

最も簡単に改善できる「偽物」の坐骨神経の痛みは、お尻の筋肉(殿筋)の緊張により、坐骨神経やリンパ管がしめつけられて症状がでているものです。

この症状はお尻の筋肉の緊張をゆるめればそれだけで簡単に改善します。

背骨の柔軟性を回復させる

では正真正銘の本物の坐骨神経の痛みは改善できないのかというと、そうでもありません。

椎骨の変形や椎間板ヘルニアが起こるときには、一見なんの問題もないような椎骨がうまく動いていないことが原因であることがよくあります。

24個の骨からなる背骨は、全部の骨がうまく動いてはじめて完全に機能します。

一部の骨がうまく動いていないことで、正常な骨に多くの負担がかかり、結果「ハイパーモビリティ」 といわれる、動き過ぎて大きくずれてしまう骨がでてきてしまいます。

このようなずれた骨は神経を圧迫したりしますが、原因は動きのわるい骨です。

全部の骨の動きを回復させることが、症状の改善につながります。

ページの先頭へ