季節の変わり目特有のバランス

およそ10日くらい前からですが、みなさんの

臓器のバランスが「季節の変わり目」のものに

なっています。

 

ここ2、3日は特にその傾向が強くでているように思われます。

 

季節の変わり目のことを「土用」といいますが、

土用は「木・火・土・金・水」という5行のなかで、

「土」の属性の臓器に負担をかける季節です。

「土」の臓器はすい臓・脾臓・胃です。

 

今の日本人はおおむね食べる機会が多く、飢えていることは

まずありませんので、普段からすい臓・胃を酷使している

傾向があります。

 

それに加えて今の時期のように季節的に負担がかかると、

もともと膵臓や胃の強くない人は、ヘロヘロになることも

珍しいことではありません。

 

そんな季節ですから、すい臓・胃などの疲労により引き起こされる

ぎっくり腰の方が多い状況になっています。

 

この時期に体調を落とさない対策としては、食事の量を減らすことが

考えられますが、症状軽減という意味で考えるとそれほど効果が

大きく得られないこともあるようです。

 

それよりも、元気アップの基本中の基本である、「早寝」

がおすすめです。

 

それと、胃腸の調子を上げてくれる「ウォーキング」でしょうか。

 

すい臓・胃のエネルギーは足を流れているので、ウォーキングすることで

その流れを活性化することができます。

 

よく歩いて早く寝る。そんな生活で春を迎えましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ