お尻の筋肉を緩めたら

人体で最大の関節は股関節です。

この関節を適切に運動させるために、お尻の大きな筋肉がついています。

 

足を引っ張ってみると、股関節に不必要な緊張のあることがわかります。

この緊張は、股関節がスムーズに動くことを邪魔しますし、リンパや血液の

流れも悪くしてしまいます。

 

ほとんどの人がどちらか一方の股関節に緊張があり、3割かそれ以上の人は

両方に緊張があります。

 

この緊張をまず緩めてから今までと同じ施術をすると、あら不思議。

 

大抵の症状に対して今までよりも大きな効果が得られてしまうようです。

最大の関節が緩むことで、全身が緩みやすい状態になると考えられます。

 

両方の股関節を緩めるのにかかる時間はおよそ2分。

今のところ、何らかの症状がある人で、どちらの股関節も

緊張のない人はほとんどいませんでした。

 

また、股関節を緩めることのデメリットもないようなので、

しばらくの間は来院される方みなさんにこの施術を行うことに

なりそうです。

 

人体にはまだまだ不思議な仕組みがあるように思われます。

 

簡単には改善できない症状がたくさんあります。

もっとからだの仕組みを詳しく知っていきたいと思います。

 

ぎっくり腰になった当日でも、すっきりして帰ってもらえるような方法を

一刻も早く得たいと思います。

 

筋肉は、緊張の強いものを緩めることよりも、働きの低下しているものの

働きを上げることの方が難しいのですが、それは臓器の元気の低下と関係

が深いためです。

 

一気に臓器を元気にできるような方法があるといいのですが、今のところ

そんなことができる人は、特殊能力の持ち主以外はいないように思われます。

 

あとは、感情のエネルギーを操る方法なんかもあるのですが、

難易度の超高いテクニックになる、といいますかこちらも特殊能力ですね。

 

まだまだ地道に進んでいきます。

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ