自律神経の凄い働き

最近は患者さんの来院数も落ち着いていて、

ぎっくり腰になってしまう人も少なくなっているようです。

 

すごく暑い毎日で臓器の疲労も凄まじいものがあると

思っていたのですが、10日くらい前から体の状態が

また変化しています。

 

それ以前は、とにかく胃と膵臓がとにかく弱くなる

ような状態でした。

 

それが、肝臓・副腎などにも疲労がみられやすい

体調になっているようです。

 

暑い状態が一定期間維持されていることで、体が

その負担に適応してきているのだと思います。

 

でなければ、多くの人の副腎に急に反応がでて

きたことが説明できません。

 

いろいろな臓器に負担を割り振ることで、体のバランスを

取ろうとしているようです。

 

老化が良い例だと思うのですが、全部の臓器がもし同じように

弱くなったら、症状は全然出てこないと思われます。

 

お年寄りの方は、若い人に比べて全部のエネルギーが

少なくなっていると推測されます。

 

それでも、全員が症状を持っている訳ではありません。

バランスが悪くなければ、症状はでてこないんですね。

 

そういったバランス調整を自律神経がやってくれて

いるのですね。

 

ですから、何かの症状がでてくることは、自律神経が

バランス調整を完全にできていないという証でもあり、

そういった意味でどんな症状も自律神経失調症といっても

おかしくないのですね。

 

自律神経がうまく働けるように、できることはあるでしょうか。

 

それは、休息を十分とることです。

 

暑い日は、エアコンを上手く使って、良い睡眠をとりましょう。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ