メカニカル・リンク導入

すっかり暖かくなって気持ちのいい季節です。

 

運動を始めるのにも良いタイミングではないでしょうか。

 

さて昨日までの3日間でリンクの頭蓋骨領域のセミナーを受けてきました。

 

頭蓋骨ってたくさん骨があって、つなぎ目も無数にあって、テスト法を覚えるのに四苦八苦でしたけど、なんとか使える状況にまでセミナーで鍛えてもらいました。

 

で、早速今日から使っているのですが、すごく面白いテクニックですね、やっぱ。

 

おそらく、世の中の他のどんな手法よりも詳しく頭蓋骨を調べるやり方ですが、詳しく調べてみるとビックリするくらい調子の悪い骨がたくさんあることが分かります。

 

そして、それらの骨が全部調子が良くなったとき、骨盤やらいろいろなところの骨の不調も同時にとれてしまっていることがしばしばあります。

 

体はホントに全部がつながっているんですね。

 

それにしても、今参加している全日本オステオパシープロフェッショナル協会(JOPA)のセミナーに参加している人たちは熱心な人ばっかりで驚いています。

 

昨日までのセミナーは会場が神戸のハーバーランド内だったのですが、ペアになった理学療法士の人は長崎からの参加でした。

 

JOPAの参加者は理学療法士がとても多いんですよね。

 

整骨院の業界も勉強熱心なひとはたまにおられますけど、理学療法士のほうがもっとすごいですね。

 

JOPAのセミナーは解剖学への深い理解が欠かせないので、僕ももっと苦手な解剖学を勉強しようと思います。

 

でも今回の内容は間違いなく、僕にとっても、来て頂いているみなさんにとっても、有意義な進歩になります。

 

リンクを完全に習得するまで3年くらいはかかってしまいますが、着実に前に進めそうです。

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ