施術回数の目安

週に1~2回程度の頻度で施術した場合の「一応の」目安をお知らせします。

もちろんこの回数以内に改善させられないケースもあります。そのようなケースでは内臓の元気がひどく低下していたり、慢性的な状態が長かったために全身的に骨格の状態が悪いことが理由となっています。

改善の度合いが遅いということではなく、当整骨院の技術力で対応できないと判断した場合には、できるかぎり早い段階(通常3回以内)でその旨お伝えさせていただきます。

なお、この目安は症状が一応の改善に至るまでの回数であり、全身的な状態が理想的になるまでの回数ではありませんので、ご了承ください。

足首の捻挫

1~3回 おおむね2回以内

ぎっくり腰

1~3回 おおむね2回以内

寝違い

1~3回 おおむね2回以内

頭痛

1~3回 おおむね2回以内

肘の痛み

2~5回 おおむね3回以内

逆子

2~5回 おおむね3回以内

腱鞘炎

5~8回 腫れがある場合はそれ以上の場合も

五十肩

5~10回

手や足のしびれ

6~12回

めまい

3~12回 回転性はおおむね5回以内

補足

どんな症状も痛みがある場合には、2~3回目には体の変化を実感していただけます。

もし3回施術させていただいても変化を実感できない場合は、当整骨院では対処できないか、できたとしても長期に渡った施術が必要になる可能性が高いということになります。

慢性的な症状も通常5回程度の施術で、大きく改善します。

ページの先頭へ