改善させにくい腱鞘炎について

仕事でハードに手を使って痛みが出てきた場合、治りにくいと思われるかもしれません。ですが実際にはそうでもありません。

いわゆる「使いすぎ」による痛みは、上手く筋肉の緊張をとればそれだけでほぼ解決できます。


逆にそれほど手先を使っていないのに痛みが出てきたと言う場合は、筋肉の緊張以外の要素も考慮に入れる必要があります。

つまり治しにくいケースがよくみられます。

例えば、妊婦さんがなる腱鞘炎がこれにあたります。

妊婦さんはそれほど家事をしすぎることもないと思われますが、時に重症の腱鞘炎になることがあります。

この場合、全身的なむくみが見られることが少なくありません。

また、胎児の重さにより、背中の筋肉の緊張は強くなっています。

こういう場合、腱鞘炎の発症部位だけに注目していても大きな成果は得られにくいでしょう。

体調をホルモンバランスの視点から、あるいは臓器のバランスも含めて考えてみる必要がありそうです。

実際には妊婦さんだけでなく、授乳中・育児中の腱鞘炎もこれに近いのではないかと思われます。

なぜなら、子供を抱きかかえることはあっても、腱鞘炎が発症しても仕方ないというほど 指先は使っていないからです。


他には、筋力が弱い人の場合、ちょっとした動作の繰り返しで発症してしまった腱鞘炎が、手を使わないようにしていてもなかなか治らないケースがあります。

このタイプも全身的なバランスを考慮する必要があると考えられます。

筋肉の緊張をとるだけでなく、バランスをとる必要があるというケースでは、緩みすぎている筋肉の緊張を上げることを中心に施術をします。

改善させにくい部位

腱鞘炎になる部位(場所)もいろいろありますが、治しにくいところははっきりしていて、それは親指のつけ根です(いわゆるド・ケルバンタイプ)。

他の指に比べて親指は動く方向が多様なため、その動きを担っている筋肉との関わりも非常に複雑になっています。

それが治しにくい一つの理由になっているようです。

また、親指に関係する筋肉をみてみるとわかりますが、他の指に比べてずっと大きな筋力が親指を曲げる側に与えられています。

それに比べて伸ばすほうの筋肉は他の指と大差ない程度の大きさとなっていて、つまり筋力もそれほど大きくなっていません。

ですから、曲げる側と伸ばす側の筋力のアンバランスが非常におきやすいといえるかもしれません。

妊婦さんや育児中の方がなるのもこのド・ケルバンタイプで、まさに定番といったところです。

腱鞘炎について

ページの先頭へ