改善させにくい腱鞘炎について

仕事でハードに手を使って痛みが出てきた場合、治りにくいと思われるかもしれません。

ですが実際にはそうでもありません。

いわゆる「使いすぎ」による痛みは、上手く筋肉の緊張をとり、少し骨の調整をすればそれだけでほぼ解決できます。


逆にそれほど手先を使っていないのに痛みが出てきたと言う場合は、筋肉の緊張や骨の動き以外の要素も考慮に入れる必要があります。

つまり治しにくいケースがよくみられます。

例えば、妊婦さんがなる腱鞘炎がこれにあたります。

妊婦さんはそれほど家事をしすぎることもないと思われますが、時に重症の腱鞘炎になることがあります。

この場合、全身的なむくみが見られることがあります。

また、胎児の重さにより、背中の筋肉の緊張は強くなっています。

妊婦さんのケースでは、腱鞘炎の発症部位だけに注目していても大きな成果は得られにくいでしょう。

体調をホルモンバランスの視点から、あるいは臓器のバランスも含めて考えてみる必要があります。

実際には妊婦さんだけでなく、授乳中・育児中の腱鞘炎もこれに近いのではないかと思われます。

妊娠での腎臓の疲労も残っていますし、出産後は夜中に何度も起きることで腎臓に負担がかかり、育児での疲労やストレスで、いろいろな関節に痛みがでやすい状況になります。


他には、筋力がとても弱い人の場合、ちょっとした動作の繰り返しで発症してしまった腱鞘炎が、手を使わないようにしていてもなかなか治らないケースがあります。

このタイプも全身的なバランスを考慮する必要があると考えられます。

筋肉の緊張をとるだけでなく、バランスをとる必要があるというケースでは、緩みすぎている筋肉の緊張を上げる対応をします。

改善させにくい部位

一般的には親指の腱鞘炎が治りにくいと考えられています。(ド・ケルバンタイプ)

親指の動きが他の指より複雑で、筋力も大きいためだと考えられます。

しかし、うまく骨格の調整ができる場合は、どの部位もそれほど変わりありません。

ただ、体調が悪い場合に肺(呼吸)が万全でないことが多く、肺と関係の深い親指の腱鞘炎が改善しにくい傾向があります。

腱鞘炎について

ページの先頭へ