自宅でできる!!ぎっくり腰の予防法

対処法のページにも予防法につながる内容がありますが、ここでも簡単で役に立つ予防法を紹介します。

体を左右対称に使う

かばんを持つとき、脚を組むとき、立っているときなど、体を左右対称に 使いましょう。リュック以外のかばんを肩にかけるときは、左右交互にかけましょう。

脚を組むのはオススメではありませんが、組むなら両方を同じ頻度でくみましょう。

立っているときは、両足に等しく体重をかけていることが最善ですが、片方に重心をおくことが癖になっている人は、普段重心をおいていない方の脚にも、等しい時間重心をかけるようにしましょう。

ゴルフや野球など、体の使い方に偏りのあるスポーツをする際は、プレーには 使わない逆の動きもウォーミングアップに際にしておきましょう。

腰のそりをしっかり作る

腰の調子が悪くなるとき、もともとあった腰のそり(前弯)が浅くなっていたり、ほとんどまっすぐになってしまっている場合がよくあります。

適切な運動をしてそりを回復させましょう。

参考になる動画1

参考になる動画2

無理せず、できる範囲でやりましょう。

腸腰筋を鍛える

腰痛・ぎっくり腰の予防には腸腰筋を鍛えることが有効です。

椅子に座って両足を床からはなした状態から片足づつ太ももを上げるトレーニングを一日に10回×3セット程度やりましょう。

左右であげにくい脚のあるときは、特にその脚を頑張って鍛えましょう。

ズボン下にもう一枚はく

足を冷やさないことは、ぎっくり腰の予防になります。夏でも冷房で足の冷えている人が結構おられます。

足の冷えは、臓器のバランスを考える上でも無いほうがいいですし、上半身と下半身のバランスを考える上でも大きな問題となります。

現代は脳や目を酷使しているので、どうしても上半身に血流が偏りがちです。

足の冷えはその偏りを助長してしまうので、下半身を温かくして、できるだけその偏りが少ない状態にするといいのです。

オフィスで勤務されている方の場合などは、肩こりも同時にらくになる場合もよくありますので、ズボン下にもう一枚はいてみましょう。

現代人は歩く距離が短いので、ウォーキングすることも同じような効果を期待できます。

ぎっくり腰になりそうなときは食事を抜く

何度かぎっくり腰を経験されている方の場合、ぎっくり腰になりそうなときはなんとなく分かることもあります。

そんな場合にはとりあえず一食抜いて、胃腸を休めて回復させてあげましょう。もちろん冷たい飲み物や甘いお菓子なども止めておきます。

腰の問題が胃腸から来ている場合、この対策でぎっくり腰にならずにすむ可能性があります。

この方法で腰の状態が良くなったと感じたら、その後の食事のとり方にも注意して、胃腸が疲れないようにしましょう。

ぎっくり腰について

ページの先頭へ