当整骨院のぎっくり腰への施術

当整骨院のぎっくり腰への施術は、はり・おきゅうを使いますが、(鍼が苦手な人はお灸のみ)目的は内臓の疲労を回復させて腰部の筋肉のバランスをとることです。

ぎっくり腰の時に疲れて働きが落ちていることの多い臓器は、腎臓・胃・肝臓です。

臓器の疲労が回復すると

(1)緊張している筋肉を緩める

(2)緩んでいる筋肉を引き締める

という二つの要素を達成できるので筋肉のバランスが改善され、痛みはかなり楽になります。

臓器へのアプローチは腰の筋肉だけを考慮したものではないので、全身の筋肉のバランスは改善します。

ですから、ぎっくり腰の施術に来院された方が、他の部分の痛みやこりも同時に緩和されることもよくあります。

そしてまた、骨格の調整もすることでより早期での改善を促します。

慢性腰痛と違ってぎっくり腰の場合は、骨格の問題より臓器・筋肉の問題が大部分なので、内臓ケアが最も重要になります。

施術直後に症状の改善があまり見られない場合は、臓器の疲労がひどく回復に少し時間がかかる ことになりますが、施術後1日程度の間に徐々に効果が現れてきます。

施術の効果は多くの場合、次の日に最も大きくなります。

ぎっくり腰について

ページの先頭へ