当整骨院のぎっくり腰への施術

当整骨院のぎっくり腰への施術は、はり・おきゅうを使いますが、(鍼が苦手な人はお灸のみ)目的は内臓の疲労を回復させて腰部の筋肉のバランスをとることです。

ぎっくり腰の時に疲れて働きが落ちていることの多い臓器は、腎臓・胃・肝臓・すい臓です。

臓器の疲労が回復すると

(1)緊張している筋肉を緩める

(2)緩んでいる筋肉を引き締める

という二つの要素を達成できるので筋肉のバランスが改善され、痛みはかなり楽になります。

臓器へのアプローチは腰の筋肉だけを考慮したものではないので、全身の筋肉のバランスは改善します。

ですから、ぎっくり腰の施術に来院された方が、他の部分の痛みやこりも同時に緩和されることもよくあります。

そしてまた、骨格の調整もすることでより早期での改善を促します。

慢性腰痛と違ってぎっくり腰の場合は、骨格の問題より臓器・筋肉の問題が大部分なので、内臓ケアが最も重要になります。

施術直後に症状の改善があまり見られない場合は、臓器の疲労がひどく回復に少し時間がかかる ことになりますが、施術後1日程度の間に徐々に効果が現れてきます。

施術の効果は多くの場合、次の日に最も大きくなります。

ぎっくり腰によくある症例

症例1 前にかがめない

ぎっくり腰になった際、もっとも多いと思われる症状がこの「かがむことができない」というもの。

この痛みに直接的に関わっている筋肉は腸腰筋と言われるインナーマッスル、動きに制限がおきている骨は腰椎~骨盤です。

対応としては、腸腰筋が腎臓の疲労から働きが落ちていることが多いので、腎臓を元気にするための鍼灸術や背骨の調整を行います。

腎臓の回復には他の臓器の場合より少し時間のかかることが多いので、かがめるようになるのは次の日という人が多い印象です。

類似の症状として、「靴下をはくのが困難」というのもよく見受けられます。

症例2 立つ時に痛い

この症状も、非常に多くのケースでぎっくり腰になった人にみられるものです。

立とうとするとき、人は誰でも背中を若干そらした状態になります。背中を丸めたまま立ち上がろうとする人はまずいません。

背中の筋肉が過緊張の状態になっているため、緊張をさらに強くしてしまう背中をそらす動きの際、痛くなります。

原因は主に胃と膵臓の疲労とそれに伴う背骨の機能制限です。

胃とすい臓が疲れると、お腹側の筋肉の働きが落ちるため、バランスの関係で背中の筋肉が過緊張しやすくなります。

対応としての施術では、胃と膵臓を元気づけ、背骨を動きやすく調整します。

ぎっくり腰の症状の中では、比較的改善しやすい症状ですが、大食いや痛み止めの服用がある場合は臓器の回復が進みにくいので、痛みがとれるまで時間のかかることも少なくありません。

食事の際、いつもより少ない量で終えておくのが良いでしょう。

類似の症状に、「立った状態で背中をそらすことができない」「座った状態から立ったとき、背中をまっすぐにのばせない」などがあります。

症例3 背中を曲げるのもそらすのもできない

この症状も、胃と膵臓の疲労から起きている場合が多いようです。

特定の臓器が大きく調子を落とした時、その影響で他の臓器も調子を落とすと考えられます。その結果、体幹の動きが大きく制限されてしまいます。

この場合には、胃とすい臓をはじめとして、全身の疲労を回復させるような視点での施術が必要になります。

症例4 寝ていても痛い

全身のどこにも力を入れなくて良い状況でも痛みがでる場合には、ぎっくり腰も軽度ではないと判断してもいいでしょう。

仰向き(上向き)で寝た際に痛みがひどい場合には、背中をまっすぐにできない状態だと考えられますので、まず胃とすい臓へのアプローチから始めます。

意外に簡単に、寝ているだけなら痛みがでない状態にまで回復することがほとんどです。

それでも継続的な痛みが取れない場合には、骨格のどこかに小さくないズレがあるか、特定の筋肉の過緊張で付着している骨が不必要に引っ張られていることが考えられます。

骨格の調整や、臓器の深刻な疲れの除去が必要で、回復するまでにも時間のかかるケースが多いようです。

それでも、3回以内の施術で解決することが普通です。

症例5 横に「くの字」に曲がってしまう

腰椎から左右の股関節付近にまで伸びている「腸腰筋」のうち、どちらか一方の働きが落ちるとこの状態になります。

施術は「症例1」に準じたものになります。

ぎっくり腰について

ページの先頭へ